インターネット版 《サンサーラ》

SamSara

奨学生だより


line-1line-2

奨学生の詩

Ano ang nakikita ko sa salamin

Baltik Mongkokan

勉強するバルティック君(手前の黄色いシャツの男の子)

Umaga pa lang pagkagising hanap-hanap agad ay salamin.

Pagkasilip ko pa lang ay may muta na akong napansin. Kaya dumiritso ako sa bomba at aking aalisin. Pagkaligo ko at pagkakain sa salamin agad ako tumingin.

Pagkabihis at pagkasipilyo ng naipin paaralan ay pinapansin.

Sa salamin ay di ko maiiwasang di tumingin. Mukha ang laging nakikita sa harap ng salamin parang nakakasawa na sa aking paningin.

Ang kumpay ng aking buhok ay lagi kong inaayos. Baka sa napupusuan ko'ys puso niya'y di tumibok at pangarap ko sa kanya'y di ko maabot. Sa kanyang pagdaan lagi ko siyang inaabangan.



僕が鏡で見たもの

バルティック・モンゴカン

朝起きて一番に捜したものは鏡。

鏡を覗いて真っ先に目に入ったのは目やに。目やにをとってきれいにするために井戸に行く。水浴びをして朝ご飯を食べてもう一度鏡の前に走る。

服を着て歯を磨き学校に行くけれどもいまだに気になる。

鏡の前では姿を隠すことはできない。鏡の前でいつも見る自分の顔、自分の容姿にはなんだかちょっと飽き飽きしてきた。

髪型はいつも決めている。でないと僕の気持ちがあこがれの彼女に伝わらないかもしれないから。彼女がいつも通る道で僕は今日も彼女の姿を待っている。




この詩は今年ハイスクールに入学したBaltik君が学校の国語の課題で作ったものです。たまたま彼が下書きしているのを見つけ、面白かったので紹介しました。一般にマンニャンの子供達は文章を書くのが苦手なのですが、この作品は素直な気持ちが表れていて思わず笑ってしまいました。



21世紀協会ホームへ BACK
21世紀協会ホームへ BACK

(c) 21st Century Association 2000