ライン

海外活動

21世紀協会の中心となる活動です。3事業、7部門が協力してマンニャン族の人間開発に携わります。

活動の3本柱 教育
「すべての子どもに教育を」という21世紀協会の標語通り、協会の活動の中核となる部分です
農業
持続可能な農業と村落を
保健
マンニャンの子どもは10人に2人しか成人しないと言われるほど衛生環境が劣悪です
組織

HOME       BACK


ライン  


教育


 成人識字率が限りなくゼロに近く、学校というものが何かもよく知らないマンニャン族の場合、いきなり年齢に合った学年に入学させても学習は困難です。
 まずはアムナイ川各村落で協会が運営する識字教室に入って読み書き計算を学びます。その中で特に学校に行ってみたいと希望する子どもを協会敷地内にある学生寮に住まわせ、町の学校に通わせます。学力は町の子たちと比べて著しく劣っているので、毎晩マンニャンスタッフによる補習が行われます。また、山で暮らしてきた子どもたちは町での暮らし方を知らないため、手の洗い方、トイレの生き方、水浴びの仕方、いすの座り方、食事の仕方など基本的な生活習慣を教えています。
現在学生寮には小学校からハイスクールまで50人の子どもが暮らしてます。

マンニャンのこともたちは次のようなサイクルをたどることになります。

村の識字教室 → 町の学校 → 協会のボランティアスタッフ → 大学もしくは職業訓練校 → 協会の正職員

その中で、受益者だった子どもたちが成長し、若い世代の育成に携わるようになるという協会の“循環型開発システム”が成立していきました。
マンニャン社会での教育普及にはさまざまな問題、困難があるが特に地理的、文化的なバリアが大きくたちはだかっており、一般のフィリピン人がマンニャン集落へ赴任することはほとんど期待できません。したがってマンニャン族子弟のなかから将来の教師、指導者を育てていくしか方法がなかったわけですが、こうした教育のプロモーターを育てるのに約10年を費やしました。これから世代が育ち、地域に貢献できるようになればマンニャン社会は画期的な変化を迎えることができるでしょう。



アムナイ川流域識字促進プロジェクト
2004-2007。JICA草の根技術協力事業
識字教室をアムナイ川流域5村に開設するとともに、マンニャン指導者を育成しました
就学促進事業
マンニャン村には協会の運営する識字教室はありますが、公式の学校はありません。通学には町に居住することが必要です。協会では学生寮を運営し、子どもたちの通学支援、補習等を行っています
職業訓練事業
ハイスクールを卒業した子どもたちのうち希望する者に農業、漁業、建設、溶接、木工、調理、裁縫、手芸、製菓などの職業技術が身につけられるよう、実地で訓練する。協会の事務所4棟はプロの指導の元、訓練生が建設をしたものです
 
 
 


ライン  


農業



 
 
 
 
 


ライン  


保健






ライン


HOME       BACK

ライン